竹内製が反発、輸出9割で円安と世界経済回復期待を織り込む

 竹内製作所<6432.T>が反発、昨年12月下旬から戻り足が加速している。海外輸出が9割で主力のミニショベルが欧米向けで競争力を発揮しており、世界経済の回復期待が高まるなか活躍素地が膨らんでいる。足もと為替が円安に振れていることも追い風。同社の下期想定為替レートは1ドル=95円、1ユーロ=130円であり、大幅な円高修正メリットが見込まれる状況にある。

竹内製の株価は10時10分現在2485円(△89円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)