<前場の注目銘柄>=ソフトブレーン、上値余地大で仕込み好機

 ソフトブレーン<4779.T>は底値もみ合いから浮上の気配で、ここは仕込み好機とみたい。

 営業業務支援ソフトを手掛け、業績は回復歩調だ。13年12月期はシステム開発で不採算案件が足を引っ張ったものの、店頭での販促支援で食品向け大型案件が動き出し、生保向け営業支援ソフトの伸長もあって業績拡大期待が高まっている。14年12月期は前期推定比で2ケタ経常増益が見込まれる。

 また、大塚商会との提携効果やコダックとの印刷業界活性化に向けた協業体制も今後の業容拡大期待につながる。株価が140円台と低位にあることも強みで、昨年来高値216円(分割後修正値)までの戻り余地の大きさに着目したい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)