NTTデータが続伸、アジアの金融機関とATMの接続を検討と報じられる

 NTTデータ<9613.T>が続伸。きょう付の日本経済新聞で、同社と大手銀行がアジア各国の金融機関とATMを相互接続する検討に入ったと報じられたことを材料視。記事によると、まずタイや韓国と2015年度にも検討を始めるとしており、早ければ15年度にも具体的なサービスを始めるとしている。これにより、アジアから日本を訪れる観光客が地元銀行のキャッシュカードを使って日本のATMから円を引き出せるようになる一方、日本人がアジアを訪れる際も現地通貨を入手できるようになる。NTTデータにとっては事業機会の拡大につながるが、OKI<6703.T>などATMを手掛ける企業にもメリットが期待されている。

NTTデータの株価は10時42分現在3810円(△50円)
OKIの株価は10時42分現在256円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)