◎8日前場の主要ヘッドライン

・スギHDが急反発、処方箋事業好調で3~11月期15%最終増益
・ヴィレッジVが急落、店舗業務の負担増などで14年5月期業績予想を下方修正
・ナガイレーベンが上値追い鮮明、好需給で昨年来高値が視界に
・三菱自が反落、最大約2416億円の公募増資に警戒感も
・レデイ薬局が10連騰、第3四半期の44.9%営業増益を好感
・渋谷工が一時S高で東証1部値上がりトップ、仕手材料株人気が再燃
・アライドアーキがストップ高、ベトナム市場参入の報道を好感
・任天堂が急伸、2年半ぶりに1万5000円台回復
・丸八証券が安い、エース証券との経営統合延期を嫌気
・足利HDが続急伸、青空圏突入で上げ足軽い

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)