JVCKWの出来高がきのうの水準を上回る、ベンチャー投資ファンドへの出資を発表

 JVCケンウッド<6632.T>の出来高が、既にきのうの水準を上回っている。同社はきょう、ベンチャー投資育成組織であるWiLが運用するファンドに出資すると発表した。同社では出資を通じて、シリコンバレーの最新技術や国内外のベンチャーに関する最新情報を入手し、国内外の有望ベンチャー企業との戦略的提携やM&Aにより新技術・ビジネスの機会を獲得し、次世代事業の開発に取り組むとしている。
 なお、JVCKWが今回出資するファンド「WiL FUND I、L.P.」は日本最大級のベンチャー支援会社の「WiL LLC」が運用するファンドで、投資先はテクノロジー・メディア・テレコム分野の日米ベンチャーおよび出資先企業に関連する技術・サービス分野が対象。運用期間は10年(投資期間は5年前後)、ファンドの規模は2013年12月時点で3億ドルを誇る。

JVCKWの株価は13時4分現在208円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)