<後場の注目銘柄>=ジャックス、中段ボックス圏離脱へ

 ジャックス<8584.T>に注目。中段ボックス下限を離脱し、13週・26週移動平均線も上抜いて戻り本番の様相だ。アベノミクスによる低金利環境の継続に加え、MUFGグループで経営基盤の安定感が同社の強みとなっている。これまで貸金業法改正の影響で、融資収益は減少傾向にあったが、足もとその影響も軽微となってきている。

 株高などの資産効果が高額消費需要を喚起しているほか、企業マインドの改善が賃金体系にも反映され始め、キャッシング需要の底入れが同社収益に追い風となる。VISAやシティバンクとのカード事業での連携など業容拡大への布石にも余念がない。PBR0.7倍近辺は指標面からも見直し余地が大きい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)