GMOクラが続伸、都知事選候補者へ「なりすまし対策用電子証明書」の申込受付を開始

 GMOクラウド<3788.T>が続伸。同社はこの日、子会社のGMOグローバルサインが、この日から東京都知事選挙の候補者へ向けて「なりすまし対策用電子証明書」の申込受付を開始すると発表した。この電子証明書サービスは、ウェブサイトにおける個人情報の抜き取りを防ぐ”暗号化通信”の機能に加えて、ウェブサイトの運営元や電子メール用の場合は送信元を証明する機能を備えている。これにより、ウェブサイトや電子メールで候補者本人をよそおった第三者によるなりすましを防止することが可能になる。告示前は、ウェブサイトへの「なりすまし対策用電子証明書」導入準備期間となり、実際の発行は、東京都知事選挙の告示日である1月23日から行われる。2月9日に予定されている東京都知事選挙でも、ネットでの選挙運動が活発化しそうで、注目を集めそうだ。

GMOクラの株価は13時48分現在12万6000円(△5900円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)