アートスパークがS高、「Tizen」スマホ2月に発表と報じられ関連銘柄に脚光

 アートスパークホールディングス<3663.T>がストップ高カイ気配。きょう付の毎日新聞で、「NTTドコモや韓国サムスン電子など日中韓3カ国の携帯事業者が参加して開発しているスマートフォンの新OS『Tizen(タイゼン)』を搭載したスマホが、今年2月に発表される見通しになった」と報じられていることを材料視。同社は「Tizen Association」とパートナー契約を結び「Tizen」の普及・発展に注力しており、端末発売が具体化したことで思惑が働いているもよう。また、「Tizen」の開発キットを提供し、日本で初めて「Tizen」タブレットの開発に成功したシステナ<2317.T>も関連銘柄の一角として急反騰となっている。

アートスパークの株価は14時14分現在858円(△150円)カイ気配
システナの株価は14時14分現在812円(△61円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)