ダイエーが14年2月期業績予想を下方修正、衣料品の伸び悩みなど響く

 ダイエー<8263.T>がこの日の取引終了後、14年2月期の連結業績見通しを従来予想の売上高8180億円(前期比1.6%減)はそのままに、営業損益を10億円の黒字から60億円の赤字(前期26億8300万円の赤字)へ、経常損益を30億円の赤字から80億円の赤字(同36億7400万円の赤字)へそれぞれ下方修正した。値入の高い衣料品の売り上げが伸び悩んだことや最近の販売動向などを勘案したとしている。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、売上高6078億7000万円(前年同期比2.0%減)、営業損益79億1500万円の赤字(前年同期46億4900万円の赤字)、純損益191億5700万円の赤字(同71億8000万円の赤字)となった。販売価格の引き下げによる粗利率の低下や閉店に伴う固定資産の減損損失などが響いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)