リックの第3四半期決算、単独経常利益は16.9%増

 リックコーポレーション<3147.T>は8日取引終了後に、2014年2月期の第3四半期(3~11月)単独決算を発表。売上高は202億4900万円(前年同期比0.6%減)、経常利益は3億3800万円(同16.9%増)、最終利益は1億8700万円(同17.7%増)となった。個人消費の本格的な回復がみられないなか、各種イベントの積極的な開催などに注力。人件費や販売促進費といったコスト削減を推し進めたことが利益面に貢献した。
 なお、2014年2月期通期の単独決算見通しは、売上高が275億2500万円(前期比1.5%増)、経常利益が3億1400万円(同10.6%増)、最終利益は1億5100万円(同3.4倍)と従来予想を据え置いているが、第3四半期の経常利益と最終利益は既に超過している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)