長期的には下げたら買われるスタンスで

SQがらみでノイズの乗った動き継続
先物ベースでの寄り付きは16000前後。為替はドル円が104円台後半ということで、ある程度の買い安心感が広がっていますが、SQがらみの仕掛けが入れば、思わぬ動きになる事も考慮しておく必要はあります。ただ、長期的には下げれば買われる流れに変化なしですので、そのような動きがあったとしても、あくまでも短期トレードでの小波乱に留まります。年末に掛けての下落と戻しが先物ベースでは1/3押しでの返り、現物も半値押しまで至らなかったことで、テクニカル的にも上昇相場のラインは崩れていないと考えます。今日の短期トレードでは16020、16030辺りにポイントもありますので、小動きを前提に見ておきますが、為替同調が継続しそうですので、そちらが大きな動きになった場合は、意外高安に注意は必要です。非常にノイズが多い動きですので、短期で利益を拾うのであれば、今回はSQが通過してからの方がやりやすいのかもしれません。