シニア消費 伸び鮮明・・・最後の消費関連はコレ!

日経新聞半歩先読み
年280兆円規模の国内個人消費で、60歳以上の高齢者を世帯主とするシニア層の比率は高まっているとの記事です。60歳以上の消費額は全体の46,6%を占めるようです。また、シニア層は株式等の資産を保有が多いので、アベノミクスによる株高の恩恵も大きく、消費額が大きく伸びているようです。今後は、人口が減少し、草食化で積極的に消費をしない若年層よりも、資金があって暇もあるアクティブなシニア層向けのサービスが受けそうです。

アクティブなシニア層が最も意識するのが健康でしょう。健康を維持するためのフィットネスクラブに通うシニア層が今後も大きく増加しそうです。

(8920) 東祥 (東証2部) 1,840円 前日比  -21 (-1.12%) [売買単位:100株]
愛知県地盤でホリデイスポーツクラブを運営

(4801) セントラルスポーツ (東証1部) 1,540円 前日比  +6 (+0.39%) [売買単位:100株]
フィットネスクラブ売上2位

(2165) メガロス (東証JQスタンダード) 1,459円 前日比  +19 (+1.31%) [売買単位:100株]
野村不動産グループのスポーツクラブ中堅

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。