第一三共が底堅い、FDAへエドキサバン承認申請

 第一三共<4568.T>が全般軟調相場のなかで底堅い。一時前日比22円高で昨年5月以来の2000円大台を回復する場面があった。同社はきょう取引開始前に抗凝固剤エドキサバンについて、非弁膜症性心房細動に伴う脳卒中および全身性塞栓症の発症抑制ならびに、深部静脈血栓症、肺塞栓症患者における静脈血栓塞栓症の治療および再発抑制に関する適応について、FDA(米国食品医薬品庁)へ新薬承認申請を行ったと発表、これが株価を支援している。なお、前日にはEMA(欧州医薬品局庁)に承認申請している。

第一三共の株価は11時30分現在1978円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)