<話題の焦点>=鉄道系ICカードの普及加速へ、システム関連企業などに恩恵

 4月からの消費増税へ向けて、様々な業界で動きがでてきている。そのなか注目されているのが、鉄道各社の運賃値上げの対応だ。JR東日本<9020.T>や東京近郊に路線を持つ私鉄、地下鉄など鉄道各社は増税分を上乗せしたうえでICカードを使った場合は「1円刻み」、切符は10円未満を切り上げて「10円刻み」で運賃を引き上げることを発表した。関西圏を含めてほかの地域では、ICカードと切符購入とも「10円刻み」で増税分を上乗せするが、東京近郊各社は、ICカードを利用した場合には切符購入よりも割安な運賃設定を導入する。これにより首都圏では、今後、ICカードの利用が進むことが想定され、関連企業への恩恵享受が期待される。

 東京近郊の鉄道各社は、JR東日本ではSuica(スイカ)、私鉄などではPASMO(パスモ)の名称でICカードが導入されている。4月からは、例えば140円の区間では、ICカードを使う場合は144円、切符は150円になる。

 また、鉄道系のICカードの魅力は電子マネーの機能も内蔵されている。コンビニや食品スーパーなどでも支払い可能店舗が近年増加しているが、今後、この動きが活発化すればシステム開発企業も恩恵を享受することになろう。ちなみに鉄道系ICカードにはソニー<6758.T>が開発した非接触型ICカード技術「フェリカ」が採用されている。ICカードシステム開発ではレシップHD<7213.T>も注目されよう。

◆主な鉄道系ICカード関連銘柄

 銘柄<コード>     コメント

ソニー<6758.T>    非接触型ICカード技術「フェリカ」を開発
オムロン<6645.T>   ICカード対応改札機などを鉄道各社へ導入
日信号<6741.T>    ICカード対応改札機など様々なシステムを開発
レシップHD<7213.T> 非接触ICカードシステムを開発
NTTドコモ<9437.T> モバイルSuica対応端末を投入
KDDI<9433.T>   モバイルSuica対応端末を投入
ソフトバンク<9984.T> モバイルSuica対応端末を投入

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)