C&R社は後場急落、第3四半期純利益18%増も材料出尽くし

 クリーク・アンド・リバー社<4763.T>は後場急落。株価は一時、前日比51円安の441円まで売られている。同社は9日午後0時40分、14年2月期第3四半期(3~11月)累計連結決算を発表した。売上高は152億8500万円(前年同期比16.2%増)、経常利益8億9100万円(同2.8%減)、純利益は3億9300万円(同17.7%増)となった。
 クリエイターや、医師、ITエンジニア、弁護士、会計士など専門的な能力を持つプロフェッショナルへのニーズは旺盛で、事業が堅調に推移した。さらに、電子書籍や、建築、ファッションなど新領域への事業取り組みを強化した効果が出ているが、材料出尽くし感から売りが優勢となっているようだ。

C&R社の株価は13時56分現在449円(▼43円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)