<チャートの視点>=BPカストロール、5・25日線のGCが視野に入る

 車用潤滑油の製造・販売などを手掛けるビーピー・カストロール<5015.T>は、5日移動平均線(8日時点:468円)と25日移動平均線(同:474円)のゴールデン・クロス(GC)が視野に入ってきた。11月22日に昨年来高値484円をつけたあとは、上げ一服商状ながら下値は限定的。75日移動平均線がサポートラインとなるかたちで、12月26日安値459円から持ち直しに転じている。PER8倍近辺には割安感もあり、高値奪回に向けて動き出す可能性もありそうだ。
 なお、同社は昨年5月からホンダの埼玉製作所狭山工場向けに、乗用車用超低粘土エンジンオイルを供給。2014年12月期はホンダ向けが通年で寄与しそうなほか、ホンダとのビジネスのさらなる発展も期待される。

BPカストロールは14時現在471円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)