ダイセキが14年2月通期予想を増額

 ダイセキ<9793.T>はこの日、大引け後に14年2月期の通期予想を修正。連結売上高で当初計画の395億円から413億円(前期比14.6%増)へ、営業利益で66億円から72億円(同33.2%増)へ増額修正した。首都圏を中心に土壌汚染の調査分析・処理事業が計画を大きく上回って推移。主力事業の工場廃液を中心とする産業廃棄物中間処理事業や、その他鉛リサイクル事業、タンククリーニング事業なども堅調に推移している。業績好調を受けて期末配当を当初計画の10円から12円(前年同期実績11円)へ引き上げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)