あす(10日)の株式相場見通し=底堅さ目立つ展開に、米12月の雇用統計を注視

3d63dddd4

 あす(10日)の東京株式市場は、株価指数オプション1月物などのSQ(特別清算指数)算出日に当たり、寄り付き直後は波乱含みの展開も予想される。ただ、その後は主力銘柄を中心に底堅さの目立つ推移となりそうだ。一方で、米12月の雇用統計の発表を目前にして手控えムードも浮上する。
 きょうの東京株式市場は、株価指数先物に断続的な売りが入り、現物市場にも裁定解消売りが広がって、全般は大幅反落となった。日経平均株価終値は前日比241円安の1万5880円となった。
 ただ、市場関係者からは「9日は、後場に入って底堅い値運びに転じ、7日の直近安値(1万5784円)を下回らずに推移したことは短期での地合い好転の可能性を示唆している」との見方が出ていた。25日移動平均線(1万5699円=9日)は頑強な下値抵抗線として作用する一方で、5日移動平均線(1万6003円=同)を超えれば、一気に昨年来高値を更新する可能性も十分ありそうだ。
 日程面では、11月の景気動向指数速報値、12月の携帯電話契約数、那覇空港の新国際線旅客ターミナルビル完成に注目。海外では、米12月の雇用統計、米12月の穀物需給、米11月の卸売在庫が焦点になる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)