日立建はもみ合い、4~12月期営業4割増益観測も売り上げ伸び鈍化で

 日立建機<6305.T>はもみ合い。同社の13年4~12月期連結営業利益が前年同期比4割増の400億円前後になったもようと、10日付の日本経済新聞が報じた。日本で消費増税や新たな排ガス規制導入を控え、駆け込み需要が拡大したことや中国のインフラ投資需要などを背景に緩やかな回復を辿っている。円安による輸出採算の改善も寄与している。ただ、売上高は前年同期比1%増の5600億円前後となったもようと伝えられるなど伸びが鈍く、ここ中国景気や株式市場に不透明感が再度浮上していることも手伝って買いが入りにくい展開となっている。

日立建の株価は9時8分現在2169円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)