いよいよ米雇用統計、上値挑戦なるか!

マーケットコンディション
昨日のドル円は、104.82円で始まると105円を睨みながら104円後半で推移する。欧州時間にかけ何度か105円を超えるが追随する動きはなかった。NY時間になると、ドラギECB総裁の発言を受けユーロが売られ、ユーロ円の下げに同調し、ドル円も下落し104.57円の安値をつける。その後買い戻しが入り104.81円でクローズをむかえた。
いよいよ米雇用統計、上値挑戦なるか!
年明け、105円突破後、104円台後半でにらみ合っているが、いよいよ今年最初のイベントである、米雇用統計がやってくる。ADPはポジティブなだけに期待されるが、ネガティブな発表の場合、一気に103円台という事もありえる。
目先の急激な変動に惑わされないように気を付けたい所である。中期基本スタンスに変更がないので、105円突破時には、素直に追随買い、ネガティブ反応時は、引きつけて、引きつけて、安値を拾ってみたい。

☆戦略
買い継続
ポイントレベル
106.00
105.44(1/2の高値)
105.00
-----------------------------------------------------------------------------------
104.00
103.89(1/6の安値)
103.00

注)本日の予想は1月10日9:30に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。