歌舞伎は底堅い、第3四半期最終黒字転換を好感

 歌舞伎座<9661.T>が底堅い。同社は9日、14年2月期第3四半期(3~11月)累計連結決算を発表した。売上高は41億8900万円(前年同期比6.7倍)、営業損益は6億9100万円の黒字(前年同期実績2億700万円の赤字)、最終損益は4億3600万円の黒字(同1億2600万円の赤字)となった。
 昨年2月に主力事業の劇場歌舞伎座の建て替え工事を終え、3月1日に木挽町広場をリニューアルオープンした。また、4月2日には劇場歌舞伎座も開場したことなどにより、黒字転換した。

歌舞伎の株価は9時30分現在4875円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)