テイツーが動意、国際ブランド付きプリペイドカード事業を開始

 テイツー<7610.T>が動意付いてきた。同社は9日大引け後に子会社のカードフレックスジャパン(CFJ)が国際ブランド付きプリペイドカード事業を新たに行うことを発表、これを好感する動きになっている。
 同社は国際ブランド付きプリペイドカード事業を展開している米・カードフレックス社と12年4月に業務提携契約を交わすと同時に、5月にCFJを設立し、国内で国際ブランド付きプリペイドカード事業の立ち上げ準備を行ってきた。
 今回、アプラスフィナンシャル<8589.T>傘下のアプラスと「Binスポンサーシップ契約」を正式に調印し、欧米では国際ブランド付きプリペイドカード事業を展開するストラクチャーとして広く用いられている、「Binスポンサーシップ・プログラムマネージャーモデル」を国内で初めて取り入れて、国際ブランド付きプリペイドカード事業を行うことになった。

テイツーの株価は10時27分現在91円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)