大有機化が反落、前期大幅増益達成も今期経常2ケタ超の減益予想で失望売り

 大阪有機化学工業<4187.T>が反落。前日取引終了後に発表した前13年11月期連結決算は売上高225億5900万円(前の期比2.6%増)、経常利益13億6600万円(同26.4%増)と増収大幅増益を達成したが、今11月期は経常利益11億8800万円(前期比13.0%減)と2ケタ超の減益を予想したことが失望売りを誘った。前期は電子材料が大きく伸び、為替差益を計上したことも利益水準を押し上げたが、今期は海外に下振れリスクがあるとして慎重に見ているようだ。

大有機化の株価は10時55分現在468円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)