マツダが急反発で新高値、「スカイアクティブ」への注目高まる

 マツダ<7261.T>が急反発で新高値。全般相場は主力株中心に売りに押される地合いだが、異色の強さをみせている。低燃費技術で注目される「スカイアクティブ」を搭載した「アクセラ」や「デミオ」の生産を拡大、これが株価の刺激材料となっている。メキシコで新設した工場で量産を開始する方針。また、14年は、同社の主力小型車のデミオを刷新するなどで、購買需要を促す構えでこれも評価材料。為替市場では1ドル=104円80~90円、1ユーロ=142円60~70銭でもみ合いが続いており、同社の下期想定為替レートである1ドル=95円、1ユーロ=125円との比較で円高修正メリットの大きさも意識される。

マツダの株価は11時4分現在558円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)