邦チタニウムは3日ぶり反落、三菱UFJMS証は目標株価を700円に引き下げ

 東邦チタニウム<5727.T>が3日ぶり反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は9日付リポートで投資判断「ニュートラル」を維持。ただし、目標株価は従来の720円から700円に引き下げた。
 リポートでは「当証券では経常損益について、14年3月期は61億円の赤字(従来は34億円の赤字)、15年3月期は34億円の赤字(同12億円の赤字)、16年3月期は1億円の赤字(同14億円の黒字)と下方修正する。チタン事業は、(1)販売数量減少、(2)原料価格高止まり、(3)電気料金値上げと三重苦を抱える環境は変わらない。また、同社は目下6割減産を継続しているが、依然として安価なスクラップの代替が続き、足もとは緩んだ需給に変化が見られない」としている。

邦チタニウムの株価は11時10分現在698円(▼22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)