松屋は高い、第3四半期の営業利益は8割増 高額品販売が好調

 松屋<8237.T>は高い。同社が9日発表した2014年2月期第3四半期(13年3~11月)の連結営業利益は前年同期比79.8%増の6億4200万円と大幅増益となった。海外ブランドの高級品の販売などが好調で百貨店事業が好調だった。銀座と浅草に店舗を持ち外国人観光客向けの販売増も追い風となったようだ。14年2月期の営業利益は14億円(前期比33.6%増)で据え置かれているが増額期待も膨らんでいる。
 株価は、朝方に一時前日比19円高の1200円まで買われた後、売り物に押され一時値を消した。都心に店舗を持つ「土地持ち企業」として上昇していただけに、利食い売りが膨らんだようだ。ただ、下値には買いが入り前場引けにかけ再度、値を上げている。

松屋の株価は11時30分現在1194円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)