オオバが一時S高、受注好調で14年5月期業績予想を上方修正

 オオバ<9765.T>が一時ストップ高。前引け後に14年5月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想135億円から139億円(前期比12.9%増)、営業利益を同3億9000万円から5億円(同57.7%増)、純利益を同3億円から5億円(同2.2倍)にそれぞれ上方修正したことが好感されている。公共事業、民間需要ともに受注が大きく伸長していることが要因。また、業績予想の上方修正に伴い、従来3円としていた期末一括配当を7円に引き上げるとしたこともプラスに評価されている。
 同時に発表した第2四半期累計(6~11月)決算は売上高38億7600万円(前年同期比16.4%増)、営業損益4億6100万円の赤字(前年同期5億7100万円の赤字)、純損益4億2700万円の赤字(同5億8600万円の赤字)となった。
 さらに同社では、毎年5月期末時点の株主に対する株主優待制度を導入すると発表した。保有株式数に応じて、100株以上500株未満で500円相当のおこめ券1枚、500株以上1000株未満で同3枚、1000株以上で同5枚をそれぞれ贈答するとしている。

オオバの株価は13時18分現在298円(△75円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)