ドル円の動向は、株式市場の反応次第・・・・・

強い数字は或る程度織り込み済み・・・・
 今夜発表予定の米・12月雇用統計では、非農業部門雇用者数が或る程度強い数字となる事が既に織り込まれているものと思われます。市場予想は19.7万人増程度ですが、20万人を超えると予想している金融機関も多く見受けられます。

 これは、先月半ば以降に発表された前哨戦的な指標の雇用項目が、ほぼ、強い数字のオンパレードである為です。以下がその概要です。

・11月から改善した数字
フィラ連景況 11月  1.1  → 12月  2.2
ISM製造  11月 56.5  → 12月 56.9
ISM非製造 11月 52.5  → 12月 55.8
ADP雇用  11月 22.8万 → 12月 23.8万

・11月と横ばいの数字
NY連銀景況 11月 0.00  → 12月 0.00

・11月から悪化した数字
シカゴPMI 11月 60.9  → 12月 51.6

 この事を勘案して、市場の動きを予想してみますと、20万人を超えて来ると、一時的にドルが買われると思いますが、105.50円の重要なレジスタンスを超える事は出来ず、その後、米国債が急落して、中長期金利が急騰すると、早期利上げ開始観測を強め、株式市場が調整色を強めて、「リスク回避」的な流れで、円も買い戻されると云う感じになると思います。

 一方、市場予想を下回ると、最初はドルが売られるでしょうが、104円割れまで下がるかどうかは難しく、その後は、邦銀さんや個人投資家さんの買いが入り、結局、104円台半ばから後半に値を戻しての揉み合いとなりそうです。