日本板硝子が6日続伸、欧州市場の底打ち期待で買い強まる

 日本板硝子<5202.T>が6日続伸。株価は前日比8円高の154円まで買われ年初来高値を更新した。苦戦が続いていた同社の欧州板ガラス事業は、欧州景気の回復に徹底的な合理化もあり底打ち期待が浮上。2014年3月期の連結純損益は210億円の赤字見通しだが、15年3月期は50億円前後の黒字に浮上するとの観測が市場には出ている。株価は上昇基調を強めているものの150円前後と依然、低位にあり見直し買いが強まっている。

日本板硝子の株価は13時56分現在154円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)