三協立山が後場一段高で3日続伸、11月中間期実質2割強の増益を好感

 三協立山<5932.T>が後場一段高し3日続伸。午後1時ごろに発表した第2四半期累計(6~11月)連結決算は、売上高1412億8200万円、営業利益75億8400万円、純利益62億6300万円となった。12年12月1日付で三協・立山ホールディングスを吸収合併したため前年同期との比較はないが、三協・立山ホールディングスの前年同期比較では、売上高4.1%増、営業利益21.1%増、純利益22.3%増となっており、2割強の増益が好感されている。建材事業、マテリアル事業、商業施設事業ともに伸長したことに加えて、コストダウンなどで収益改善を推進したことが寄与した。
 なお、14年5月期通期業績予想は売上高2860億円(前期比5.2%増)、営業利益120億円(同0.6%減)、純利益95億円(同18.4%減)の従来予想を据え置いている。

三協立山の株価は14時1分現在2295円(△92円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)