テイツーが12月度概況を発表、既存店売上高27.2%の大幅減収に

 テイツー<7610.T>がこの日の取引終了後、12月度概況を発表しており、既存店売上高は前年同月比27.2%減と今期一番の落ち込みで2カ月連続でマイナスとなった。12日に発売された3DSソフト「パズドラZ」の販売は好調だったが、ゲーム機本体の「WiiU」の発売があった前年に比べて新品ゲームの売り上げが大きく下回ったことや、中古商材の売り上げが落ち込んだことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)