DDSが13年12月期業績予想を下方修正、最終赤字3億800万円に

 指紋認証ソフト・装置大手のディー・ディー・エス<3782.T>は10日、13年12月期通期の連結業績予想の修正を発表。売上高は従来予想の6億7800万円から5億2500万円(前の期実績は6億2800万円)、最終損益を1億8300万円の赤字から3億800万円の赤字(同4300万円の赤字)に下方修正した。大手通信社向け大規模案件が来年度にずれ込んだほか、マイナンバー制度対応での自治体向け案件も来年度に予算執行がずれ込んだことなどが足を引っ張った。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)