来週の為替相場見通し=米雇用統計が相場左右

 来週の東京外国為替市場の円相場は、この日発表される米12月雇用統計の内容に左右されそうだ。予想レンジは1ドル=103円80~105円50銭、1ユーロ=141円50~143円80銭。この週は、年末・年始の休場明けだったが、104円台後半を中心とする一進一退が続いた。市場の関心は米量的緩和(QE)縮小のピッチが速まるかどうかに集まっている。米雇用情勢が改善すれば、債券購入額の縮小幅は100億ドルから150億ドル前後に拡大されるとの観測も市場には出ている。米長期金利が3%を超え上昇するかが焦点であり、米金利上昇は日米金利差拡大となり円売り・ドル買い要因となる。来週は米国で注目経済指標の発表が多く、14日に小売売上高、16日に消費者物価指数、17日に住宅着工戸数、鉱工業生産の発表がある。米国企業の四半期決算も本格化しNYダウの動向も注目される。また、国内では16日に機械受注が発表される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)