【買い】エストラスト<3280>上方修正期待が持てる業績の進捗状況=フェアトレード平山修司

来期業績の進捗率も好調
■注目銘柄
エストラスト(3280)

■注目理由
同社は山口県に本社を構え、山口県や九州の主要都市を中心に新築マンションの販売を手掛けている。1月10日に発表した第3四半期決算では売上高8,648百万円(前年同期比33.7%増)、営業利益900百万円(同39.0%増)、純利益510百万円(同58.3%増)となった。通期では売上高10,300百万円(前年同期比18.5%増)、営業利益1,010百万円(同11.8%増)、純利益540百万円(同14.3%増)であり、業績の進捗状況が高いことから業績の上方修正期待が持てる。なお、主力事業である不動産分譲事業では来期引き渡し予定戸数の約7割が契約を締結済みのため、来期業績も期待できる。なお、同社の株価は1月10日に一時919円を付けたものの、勢いが続かず859円で終えた。しかし、業績面で割安感が感じられるため、引き続き買いの動きは続く可能性があるため、注目したい銘柄と考えている。