グラファイトDが10連騰、自社ブランド品好調で14年2月期業績予想を上方修正

 グラファイトデザイン<7847.T>が10連騰で連日の昨年来高値を好感。前週末10日の取引終了後、14年2月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の41億円から43億5000万円(前期比25.6%増)、営業利益を同9億6800万円から11億5000万円(同2.2倍)へ、純利益を同7億5000万円から10億3000万円(同16.2%減)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。
 国内では自社ブランドの「TourAD」が各クラブメーカーからのカスタム採用における受注が順調に推移したことに加えて、米国では自社ブランドシャフト、OEM製品の受注が増加し業績を押し上げた。また業績予想の修正に伴い、従来、普通配当10円を予定していた期末一括配当について、普通配当15円と創業25周年記念の特別配当10円の合わせて25円にすると発表したこともプラスに評価されている。
 なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、売上高33億3700万円、営業利益9億4100万円、純利益9億5500万円となった。なお、前年同期は単独業績を開示していないため、前年同期比較はない。

グラファイトDの株価は9時9分現在922円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)