ビックカメラは3日続落、好業績評価で下値には買いも

 ビックカメラ<3048.T>が3日続落、ただ全般軟調相場のなか下値には買いも観測。同社が10日発表した13年9~11月期の連結決算は、売上高が前年同期比微減の1845億6500万円だったが、最終損益が8億9400万円の黒字と前年同期の7億8400万円の赤字から大きく改善した。デジタルカメラやスマートフォンの販売が伸びたことに加え、傘下のコジマの不採算店閉鎖などが損益改善に貢献しており、これを評価して下値を拾う動きにつながっている。

ビックカメラの株価は9時17分現在5万8400円(▼400円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)