コスモス薬が3日ぶりに反発、第2四半期連結経常利益は12.7%増

 コスモス薬品<3349.T>が3日ぶりに反発している。同社は10日に、2014年5月期の第2四半期(6~11月)の連結決算を発表。経常利益は101億1800万円(前年同期比12.7%増)と、従来予想の87億円から上振れして着地したことが好感されているようだ。
 なお、第2四半期の連結決算は、売上高が1805億2500万円(前年同期比12.9%増)、最終利益が56億7100万円(同11.4%増)。新規出店の効果に加え、低価格と高レベルな接客サービスを実現するために店舗運営を強化したことなどが奏功した。
 2014年5月期通期の連結決算見通しは、売上高が3700億円(前期比12.4%増)、経常利益が170億円(同1.3%増)、最終利益が95億円(同1.1%増)と従来予想を据え置いている。

コスモス薬の株価は10時37分現在1万2240円(△590円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)