技研製作所が頑強、第1四半期の営業黒字を評価

 技研製作所<6289.T>が6日続伸、高値圏で頑強な動き。同社は10日大引け後、第1四半期(9~11月)決算を発表。連結売上高32億2000万円(前年同期実績13億6600万円)、営業損益4億6600万円の黒字(同4億1600万円の赤字)と営業黒字を達成したことが好感されている。防災・減災対策や老朽化対策の高まりなど、インフラ再整備需要の高まりを受けて「インプラント工法」の採用が拡大している。14年8月期通期は売上高135億円(前期比28.8%増)、営業利益14億3000万円(同2.3倍)の当初予想から変更はない。自転車を地下に効率良く駐輪可能な「エコサイクル」の認知度も拡大、海外からの引き合いも増加しており、今後も業績拡大が続きそうだ。

技研製作所の株価は10時59分現在973円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)