ANAPが大幅続落、第1四半期営業損益赤字を嫌気

 ANAP<3189.T>が大幅続落し上場来安値を更新した。前週末10日に発表した第1四半期(9~11月)単独決算が売上高20億200万円、営業損益6300万円の赤字、純損益4000万円の赤字となったことが嫌気されている。なお、今期より業績開示を行っているため前年同期比との比較はない。
 消費者の節約志向が根強かったことに加えて、昨年10月中旬まで続いた台風や記録的な残暑による天候不順の影響などが響いたとしている。なお、14年8月期通期業績予想は売上高94億8800万円(前期比10.5%増)、営業利益4億600万円(同1.2%増)、純利益1億7600万円(同32.3%減)の従来予想を据え置いている。

ANAPの株価は11時24分現在1881円(▼185円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)