アイレップが3日ぶり反発、ソリューションサービス提供体制強化を好感

 アイレップ<2132.T>が3日ぶり反発。株価は一時、前週末比77円高い817円まで買い進まれた。この日の午前中に、コンテンツ制作などを手掛けるイノーバ(東京都品川区)と資本・業務提携し、需要が高まるコンテンツマーケティング手法を用いたソリューションサービス提供体制を強化すると発表しており、これを好感した買いが入っている。今後は、両社の持つノウハウや開発力を最大限に活用し、コンテンツマーケティングとSEO(検索エンジン最適化)領域における新サービスの共同開発や、コンテンツマーケティグにおける情報発信メディアの共同運営を進めるととしており、共同で顧客に提案を行うほか、サイトを通じて集客や販売効果を高めたい企業の需要を取り込むようだ。

アイレップの株価は13時7分現在777円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)