<チャートの視点>=長野計器、25・75日線のGCが視野に

 長野計器<7715.T>は、25日移動平均線(10日時点:688円)と75日移動平均線(同:695円)のゴールデン・クロス(GC)が視野に入ってきた。上値の重い展開が続いているものの、昨年8月下旬以降は670円近辺でサポートラインを形成。足もとでは12月24日につけた直近安値668円を底に出直り基調に転じており、つれて下落傾向にあった25日線や75日線の傾きも緩やかになりつつある。
 なお、同社は昨年11月27日に、ドイツの半導体メーカー大手「エルモス社」およびエルモス社の100%子会社で米圧力センサ素子製造メーカーの「SMI社」と業務提携を結んだと発表している。会社側では、今回の提携によって不足している技術を補完できるほか、世界の自動車メーカーと取り引きのあるエルモス社を通じた新規案件の獲得率向上などが期待できるとしている。

長野計器は13時51分現在691円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)