鉄人化が反落、第1四半期経常赤字拡大を嫌気

 鉄人化計画<2404.T>が反落。きょう午後2時過ぎに発表した今14年8月期第1四半期(9~11月)の連結決算は売上高22億9200万円(前年同期比3.5%増)と増収を確保したが、経常損益は2億3400万円の赤字(前年同期2億700万円の赤字)と赤字幅が拡大したことが嫌気されている。オリジナル楽曲の提供に集中的に経営資源を投入するなど、カラオケ業界の競争激化に対応した先行投資負担が損益を圧迫したとしている。通期は売上高105億円(前期比5.0%増)、経常利益4億1300万円(同40.9%増)と期初の増収大幅増益予想を据え置いている。

鉄人化の株価は14時51分現在441円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)