レナウンの第3四半期連結営業利益は21.5%減

 レナウン<3606.T>は14日取引終了後に、2014年2月期の第3四半期(3~11月)の連結決算を発表。売上高は541億2400万円(前年同期比1.8%減)、営業利益は4億3400万円(同21.5%減)、最終利益は4億6200万円(同57.4%減)となった。子会社が手掛ける肌着や靴下、バッグなどの販売が苦戦したほか、天候不順の影響で秋物商戦もふるわず。在庫削減効果によって売上総利益率は改善したが、ショッピングセンターへの出店などで販管費が増加したことが利益を押し下げた。
 なお、2014年2月期通期の連結決算見通しは、売上高が773億円(前期比1.5%増)、営業損益が5億円の黒字(前年実績は5億1300万円の赤字)、最終損益が5億円の黒字(同3.5%増)と従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)