【買い】ユニカフェ<2597>利益面での業績進捗度合いが高い=フェアトレード平山修司

高値ブレイクアウト
■注目銘柄
ユニカフェ(2597)

■注目理由
同社はレギュラーコーヒーの焙煎加工メーカーとして、神奈川に総合工場を持ち、主力事業はコーヒー関連事業を展開。コーヒー関連事業では取扱数量の増加に伴い、生産工程か効率化したことと販管費を抑えたことで営業利益が増加した。10月31日に発表した第2四半期決算では売上高6,362百万円(前年同期比23.8%減)、営業利益480百万円(同246.8%増)、純利益402百万円(同367.2%増)となった。通期では売上高11,174百万円(前年同期比28.3%減)、営業利益550百万円(同64.5%増)、純利益459百万円(同121.8%増)であり、業績の進捗状況が高いことも注目できる。なお、同社の株価は1月14日に637円を付け、昨年の高値を更新したことから、更なる高値が狙える期待が持てるだろう。