◎欧米外為市場サマリー

 14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=104円20~21銭と前日に比べ1円20銭弱の大幅な円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=142円53~57銭と同1円70銭の円安・ユーロ高だった。
 この日発表された米12月小売売上高は、前月比0.2%増と市場予想(0.1%増)を上回った。また、日本の11月経常赤字が拡大したことも円売り・ドル買いを促した。米経済指標の改善からNYダウは大幅反発し米長期金利が上昇したことも円安・ドル高要因となった。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3677~78ドルと同0.0009ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)