JINが続急落、第1四半期営業利益82%の大幅減益を嫌気

 ジェイアイエヌ<3046.T>が続急落。14日の取引終了後、第1四半期(9~11月)連結決算を発表しており、売上高81億6800万円(前年同期比4.7%増)、営業利益2億4900万円(同81.9%減)、純利益7000万円(同90.9%減)の大幅減益となったことが嫌気されている。期中にアイウエア専門ショップ26店舗を出店したほか、9月に「JINS CLASSIC」シリーズの秋冬モデル、11月により軽量の「Air frame ULTRA(エア・フレームウルトラ)」を発売するなど商品力を強化したことで売上高は伸長したが、大幅な円安で仕入れ原価が上昇したことや、売上高に占めるセール構成比が増加したことなどが利益を圧迫し、大幅減益を余儀なくされた。
 なお、14年8月期通期業績予想は売上高406億円(前期比11.1%増)、営業利益68億円(同9.3%増)、純利益39億円(同14.1%増)の従来予想を据え置いている。

JINの株価は9時44分現在4090円(▼630円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)