メディシノバが連日の大幅高、MN-001の良好な前臨床試験結果を好感

 メディシノバ<4875.T>が連日の大幅高。同社は14日大引け後にMN-001のマウスのNASH(Nonalcoholic Steatohepatitis、 非アルコール性脂肪肝炎)モデルを対象とした前臨床試験で、良好な結果が認められたことを発表、これを好感。MN-001は、経口投与の新規化合物で、炎症を抑える効果が期待されている。同社ではこの結果を踏まえて、MN-001のNASHを適応とするフェーズ2臨床治験に向けて準備を進めていく。
 また、同社は14日の午前8時にGenzyme社(Sanofi-Aventis社)に導出している遺伝子治療の技術がヒトパーキンソン病を対象とした遺伝子治療治験において進捗が認められたため、Genzyme社からマイルストーンとして600万ドル(約6.3億円)を受領したことを発表、14日のザラ場では一時295円まで急騰している。MN-001への臨床治験進展への期待も高まっており、株価は目先的な利食い売りを吸収して頑強な動きとなっている。

メディシノバの株価は10時1分現在274円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)