GSIクレオスが急反発、炭素繊維の強度を20%向上させる樹脂フィルム提案と報じられる

 GSIクレオス<8101.T>が4日ぶりに急反発。きょう付の日刊工業新聞は、炭素繊維樹脂含浸シートであるプリプレグに挟み込み、圧縮強度の性能を約20%高められる樹脂フィルムの提案を始めたと報じており、これを好感した買いが入っている。記事によると、炭素網が底の空いたカップ形状をしたカップ積層型カーボンナノチューブ「カルベール」をマトリックス樹脂内に分散させたもので、これまで炭素繊維強化プラスチックの課題とされていた圧縮強度の性能向上が可能になるという。炭素繊維強化プラスチックの用途が拡大していることから、需要増が期待できるとの見方が強まっているようだ。

GSIクレオスの株価は10時47分現在170円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)