ウエストHDが大幅続落、第1四半期営業利益8.7%減を嫌気

 ウエストホールディングス<1407.T>が大幅続落。14日引け後に発表した第1四半期(9~11月)連結決算が売上高116億7100万円(前年同期比12.7%増)、営業利益12億1800万円(同8.7%減)、純利益6億円(同4.6%減)と減益に終わったことが嫌気されている。産業用太陽光発電システムの需要が好調に推移したことでクリーンエネルギー事業は好調に推移したものの、同事業に人材を集中させたことで住宅改築なのどエコリフォーム事業が減収減益となり、これが全体の足を引っ張った。
 なお、14年8月期通期業績予想は売上高736億1100万円(前期比39.6%増)、営業利益84億5700万円(同31.3%増)、純利益45億2000万円(同44.7%増)の従来予想を据え置いている。

ウエストHDの株価は11時16分現在1426円(▼84円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)