住友化が反発、三菱UFJMSが目標株価を引き上げ

 住友化学<4005.T>が反発。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が14日付で投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を430円から500円に引き上げたことが観測されている。同証券によると、情報電子化学の業績が悪化しているもようであるため、同証券の14年3月期の営業利益予想を1050億円から960億円に下方修正したが、ペトロ・ラービグ社の収益改善により経常利益は会社計画の1000億円を達成すると予想。また、直近で大日本住友製薬とペトロ・ラービグ社の株価が上昇していることから、住友化学の持ち分の増加効果も大きいと指摘している。

住友化の株価は12時32分現在435円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)